服部産業医事務所の活動


企業向け新型コロナウイルス対策について


企業向け新型コロナウイルス対策についての情報を以下ご紹介します。

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信 2020年4月6日
【1】 遠距離出張を見直しましょう

経営者・総務人事担当者のみなさま、貴社の遠距離出張をしばらくの間、ぜひ見直してみてください。
もちろん、業種によっては出張制限の判断は大変難しいものかもしれません。しかしながら、今、この時期に社員が遠距離出張をすることで、貴社の社員が新型コロナに感染するリスクを高め、貴社内での集団感染リスクを高め、日本全体における感染拡大にもつながってしまうかもしれません。

1. 課題の背景:
厚生労働省対策本部の分析によりますと、「3月中旬以降に大都市から地域へのヒト移動に伴う地域での感染者数が多発している」ことが分かっています。3月26日以降、遠隔地に移動した後に感染する方(20~60歳台)が毎日出ている状況です。特に東京や関西の大都市部で感染した後に地域で発病するパターンが典型的です。

2. 企業でできる対策:
○ 2020年5月のゴールデンウィーク明けまでを目処に
遠隔地への出張を見合わせる
※ 特に、「流行拡大警戒地域」に指定される地域(東京を含む首都圏と大阪を含む近畿圏への出張を見合わせることが重要です。
※ 数は少ないものの、仙台・愛知・北海道・福岡への出張後の者にも発病が認められており「東京・大阪だけではない」という点については注意が必要です。
 感染拡大が進む現状を考え、社員の安全を確保し、貴社での集団感染を防止するためにも、ぜひゴールデンウイーク明けまで遠隔地への社員の出張を避けるようお願いします。

3. 関連情報リンク:

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議: 「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020 年4月1日)

コロナ感染リスクに伴う復職判定事情


新型コロナウィルスで大変な騒ぎになっていますが、当然のことながら平時と同じように、産業医として復職面談、判定は行っています。ただでさえ長期欠勤により体力が落ちている方が多いなかで、コロナウィルス感染により重症化しやすいとされている基礎疾患をお持ちの方に対してはなおのこと、今のこの時期復職の許可を出しにくい状況にあります。外出の自粛要請がいつまで続くか分からないなかで、通常であれば復職を許可している方に対しても、当分の間自宅療養を継続するようお願いしている事例が出てきています。復職判定に際し、コロナ感染リスクに伴う今どきの特殊事情といえます。テレワークで復職させるという選択肢もありますが、復職後の体調確認が行いにくいということもあり、それもなかなか難しいところです。

お花見


こんにちは、保健師の倉です。
桜が満開ですね。
今年は楽しめる期間が長い気がします。
通勤路に桜がたくさん咲いているので
この季節は行き帰りの気分が高まります。

八幡東区には
スペースワールド(更地)周辺や
北九州市立美術館(閉館中)など
人気が少なくウォーキングに適した
桜並木がありますので、
不要不急の外出自粛の土日にもお勧めですよ!

アコーディオン


事務の武田です。

服部カウンセラーはかわいいです。むふ。

手荒れ


こんにちは。保健師の宮本です。

新型コロナウイルス感染予防のための手指消毒で、手荒れを訴える人が増えているそうです。
アルコール消毒や、いつもより多い回数の手洗いによって肌が乾燥し、手荒れとなってしまうようです。
肌の弱い方は特に注意が必要です。手洗いの後に、きちんと水分を拭き取ることも大切です。手拭きを持っていないために、自然乾燥などをすると乾燥して悪化につながります。また、こまめにハンドクリームなどでケアをする必要がありますが、その成分によっては悪化させてしまうケースもあるようです。
心配な場合には皮膚科受診をお勧めします。

また、マスクのゴムが耳の後ろにあたって、湿疹になる方もいらっしゃるようです。
マスクが選べる状況であれば、皮膚に優しいものもありますが、そんな余裕のない状況です。その場合も、自宅などのつける必要のない時は、なるべくつけない時間を作るなどの工夫が必要ですね。

新型コロナウイルスを前向きに考察すると


今や人類共通の敵となった新型コロナウイルスですが、立場や考え、イデオロギーや国家の垣根を取り払い立ち向かわなければいけない状況になっています。桜を見る会をめぐって与野党が不毛な議論をする時間はなく、またトランプさんと習近平さんが貿易戦争を行っている場合でもありません。これは考えようによっては新型コロナウイルスという共通の敵をめぐって、人類が1つにまとまり、ひいては争いごとがなくなる良い契機になってくれるのではないかと期待することもできます。この期に及んで少し能天気かもしれませんが、世の中が暗くなっているなかで、少し前向きにとらえたいと思います。

運動継続


こんにちは、保健師の倉です。
新型コロナウイルスの影響で、運動量が減っていませんか?
私は体育館や市民センターを利用できず、
運動に通う日数が確実に減っています。

厚生労働省のストーリーによると
これから新型コロナウイルスの感染者が増えると予想されます。
感染症が広がるのを待っていたら、
せっかくの筋肉量が落ちていくかもしれません。
ご自宅や広場でしっかり運動を継続しましょう。

貯筋運動プロジェクト
健康・体力づくり事業財団
http://www.health-net.or.jp/tyousa/tyokin/index.html

とはいえ、目標なしの運動は続かないもの…。
体力に少し自信のある方は、サッカーなどどうでしょう。
リフティングができるとカッコよくないですか?
簡単トレーニング動画もありましたので、ぜひ!

JFA
Sports assist you~いま、スポーツにできること~
https://www.jfa.jp/grass_roots/sportsassistyou/

黒い三連星


ドムの…もとい、事務の武田です。

 

結局、ガンダムの話かーい、というオチですみません。

受動喫煙防止対策


こんにちは。保健師の宮本です。

新型コロナウイルスについてが毎日メインのニュースとなっています。各事業所でも会社としての対策を検討されていると思います。
それとは別ですが、4月から受動喫煙の防止義務を定めた健康増進法が改正され、施行されますが、そちらの対策は完了されておりますでしょうか。
会社の事務所は、第二種施設として、規制の対象となります。
喫煙室の設置もできますが、一定の基準を満たすことが必要です。

職場における受動喫煙防止のためのガイドライン(令和元年7月1日基発0701第1号)

新たに屋外に設置される事業所もあるようです。
その際の設置場所は、近隣に迷惑がかからないなどの配慮が必要となってきます。
慌ただしい年度末を迎えることとなりそうですが、再度ご確認をお願いいたします。

JRの中で


先日乗ったJRの列車の中での話ですが、乗客数が少なく、空いている座席があるのに、立っておられるご老人がおられました。こちらとしては席を譲る必要もなく、なぜ立っておられるのだろうと不思議に思っていたところ、そのご老人は若者のグループが列車を降りると、すぐさまその座席に一人で座られたのでした。マスクもばっちりされていましたので、コロナ対策としてあえて席に座らず立っておられたのでしょうね。コロナに感染すると重症化しやすい高齢者にとって、切実な状況になっていることがよく分かる一コマでした。