服部産業医事務所の活動


九州医師会医学会で教育講演をしました


佐賀市で行われた第119回九州医師会医学会の第6分科会・産業医学会において、「嘱託産業医活動の実際」というテーマで教育講演を行いました。伝統ある本学会で講演をする機会を与えていただいた同分科会長の市場正良教授に深く感謝申し上げます。また今回は同じく同分科会で講演をされた産業保健分野の法律の権威である近畿大学の三柴教授とも名刺交換を行いましたが、その際に先生より実務面での助言もいただき、大変有意義な学会となりました。改めて本分科会の関係者の方々に感謝申し上げます。

SNS相談


こんにちは、保健師の倉です。
武田事務員が「事務員としてブログで提供できるものがない」と
毎週悶絶しながらネタを作っていることだけ記載しておきます。

久しぶりに「こころの耳」を開いたところ
期間限定でSNS相談を行っているようです。
こころの耳SNS相談
11月26日までの祝日を除く土曜~火曜のみのため、
あと7日間しかありませんが…
LINEなら相談のハードルが低くなる方も
いらっしゃるかもしれません。

SNS相談等を行っている他の団体のリンクも
貼ってありましたので、
一度ご覧になっては いかがでしょうか。

みまもっち


事務の武田です。
ある朝、出勤してきた保健師シスターズが
なにやら楽しそうでした。

もう十分に落ち着いて良いお年頃の私ですが、
やってしまいました。
画像編集ソフトで”ほうれい線”を消すスキルを持たないことが
つくづく悔やまれます。

睡眠測定


こんにちは。保健師の宮本です。

睡眠状況を測定できるアプリをダウンロードしてみました。
たくさん種類があり、どれが正確なのかの判断は難しいですが、試しにやってみました。
ほとんどのアプリは寝返りをする状況を感知して、睡眠状況を判断するようです。

寝返りは、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を切り替える役割があります。

数日試してみましたが、まずまずの結果でした。
そこでさらに…飲酒をすると睡眠の質が悪くなるはずなので、実体験するべく(仕方なく…)飲酒して測定してみました。
翌朝みてみると、浅い眠りの割合の方が多い結果がでました。
眠りが浅かったという実感はなかったのですが、知らないうちに浅い眠りが続くことも考えられるので、飲酒後の睡眠は注意が必要だと思います。
その時の体調などにも左右されることもあるので、飲酒だけの影響とは言い切れませんが、
また日を置いて実体験してみようと思います(仕方なく…)

産業医大の学園祭に行ってきました


久しぶりに母校の学園祭に行ってきました。後夜祭では屋外ステージでクラブ対抗ダンス大会があっていたのですが、クオリテイの高いダンスもある中で、少しばかばかしい、あるいは品のないダンスも披露されていました。娘もその中のひとりに含まれていたのですが、自分自身も若い頃にこんなこと、あるいはこれ以上の恥ずかしいことをしていたことを思い起こしました。そんなことを思い出しながら、若いエネルギーをもらった1日でした。

間食


リアクションすると負け というより
リアクションに困る が正ですね。

こんにちは、保健師の倉です。
「普段甘いものは召し上がっていますか?」に
「いいえ」と答える方の食生活を
よくよく聞くと
「朝食にヨーグルトを摂っている」
ということがあります。
まるで納豆のように。
体にいいんでしょ?と。

乳酸菌も良いですが、カロリーはあります。
肥満度の高い方は量に要注意です。
菌を届けることも良いですが、善玉菌の育つ環境が必要です。
野菜やきのこ、海藻や果物など
食物繊維を毎食摂り、腸内環境を整えましょう!

サプリやお薬で解決できれば早いのですが
結局ありきたりな
野菜たっぷりの食事と運動に尽きてしまいます…。

私のトリセツ


事務の武田です。
倉保健師の私へのトリセツをご紹介します。

私から何かされたとき
リアクションをとったら負けなんだそうです。
なるほど~、と感心しました。

魚食べていますか?


こんにちは。保健師の宮本です。

毎日の食事の中に魚を食べる割合はどのくらいですか?
ハーバード公衆衛生大学院が様々な研究を解析した研究結果を出しました。
「脂肪の多い魚を週に1~3回食べると、心臓病による死亡リスクが最大で36%減少する。」とのこと。

サケ、サバ、イワシなどが当てはまります。

DHAやEPAなど特に青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸には血管の中で血栓ができるのを防ぎ、動脈硬化の予防によいとされています。
逆に飽和脂肪酸を摂り過ぎると悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増えやすくなってしまいます。
脂肪の多い肉や、加工肉(ハム、ソーセージ)などが飽和脂肪酸です。

保健指導で食事内容をお聞きすると、魚料理を食べる機会が少ない方が多く感じます。
食材を購入するときも魚は割高な感じがして、なかなか手を出さないという話もお聞きします。
しかし、この研究のようにリスク回避ができるのであれば、できるだけ積極的に取り入れてみてもいいと思います。
お試しください。

心の一句


事務の武田です。
仕事が「出来る」人になりたいです。

 
        

 
 

千里の道も一歩から…で頑張ります。

トラック運転者の長時間労働改善


こんにちは。保健師の宮本です。

厚生労働省は「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」を開設しました。 長時間労働になりやすいトラックを運転される方の労働環境を改善するのが目的だそうです。
働き方改革等で以前よりも長時間勤務は改善されつつあるようですが、業務内容からもすぐに改善は難しいのが現状のようです。
物の流通がスムーズにいくための大切な仕事ですが、体調管理ができるような余裕をもった働き方ができるといいですね。

以下参考までにご紹介です。

トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト