服部産業医事務所の活動


高血圧について 食事


こんにちは。保健師の荒木優子です。

まだまだ寒いとはいえ、日没の時間も遅くなり、少しづつ春の匂いもしてきましたね

さて、高血圧について食事面の事もふれておきましょう。

高血圧の方は、塩分を減らして!とよく言われていませんか?

塩分で血圧が上昇する方(塩分感受性の高い方)は減塩により血圧が安定する効果が期待できます。

しかし、実際に1日でどのくらいの塩分をとっているかわかりますか?

特に外食やコンビニ弁当が多い方は、塩分量が気になるところ。

塩分の1日の摂取目標は7gです。

そこで、コンビニ弁当が多い方は栄養成分表示をみてみましょう。

塩分という表示がなければ(塩分は表示しなくてもよい項目になっています)、ナトリウムという表示から塩分を計算することができます。

ナトリウム(mg)×2.5÷1000=塩分(g)

この式で食品に含まれる大体の塩分量を計算できます。

外食では塩分表示がされているところも増えていますね。

1食で摂りすぎた塩分は他の食事でバランスをとられるといいと思います(Y.A)