服部産業医事務所の活動


独立産業医の将来展望を語る会 その2


出席された先生のなかで約半数は産業医大以外の大学出身のドクターでしたが、皆さんそれぞれ個性的な先生でした。なかでも平野井啓一先生は東京を活動地域とする独立産業医ですが、本会の後に行われた懇親会の場では我々に得意のマジックを披露されました。マジックが得意というより、これはもうプロの域に達しており、平野井先生はご自分の事務所に「株式会社メデイカル・マジック・ジャパン」と名前をつけるほどで、マジックを副業にされているとのことでした。まさにマジシャンたる産業医といったところでしょうか。食事の場でしたので、鳩が出てくるようなマジックはさすがにありませんでしたが、今回は主にトランプカードを使ったマジックを披露されました。私もその中の1つのマジックに参加しましたが、裏返しにされた2枚のトランプカードを私の指でぐるぐると回した後、そのカードをひっくり返してみると、いつの間にか別のカードに変わってしまっていた時は、皆狐につままれたような雰囲気になりました。こうしてマジックの余興もあって懇親会は大いに盛り上がり、盛会裏に終わりました。当日の私はというと、九州人の私にとって東京はアウェイの地であり、そこで飲み過ぎると大変なことになるような気がして自制していましたので、一次会が終わった時点ではそれほど酔っておらず、いつもより結構まともな状態でした。それでも少し飲み足りない気がして、結局は有志の先生たちと一緒に二次会に行くことになりました・・・。