服部産業医事務所の活動


福岡産業保健総合支援センターの研修に行ってきました③


皆さんこんにちは、保健師の山本です。
先週の水・木と冷え込んだ際に風邪をひきかけまして、それをきっかけに咳喘息の発作がでています。
※風邪の方は何とかひかずに済みましたが
喘息ではないのでヒューヒューゼーゼーいっていませんが、咳が出だすと止まらない状況です。
仕事で訪問する際はマスク着用で声もお聞き苦しい様相を呈していますが、症状落ち着くまではお許しいただけたらと思います。

さて先月末、福岡産業保健総合支援センターで開催された特殊健康診断に関する研修会に参加してきましたが、その内容からのブログの続きです。

2014年11月1日より、労働安全衛生法施行令、労働安全衛生規則、特定化学物質障害予防規則の改正政省令・告示が施行・適用されました。
2回目の今回は、有機溶剤から特定化学物質の第2類物質の「特別有機溶剤等」に位置付けが変更になった残りの9物質のまずは名前等をご紹介したいと思います。
変更点等はまたの機会に。

1.名称他
●クロロホルム(トリクロロエタン)
・CASNo.:67-66-3  ・化学式:CHCl3
・性状:特徴的な臭気のある無色の液体(沸点62℃、蒸気圧21.2kPa(20℃))
・用途の例:フルオロカーボン原料、試薬、抽出溶剤(農薬、医薬品)
・主な有害性
発がん性:国際がん研究機関(IARC)2B(ヒトに対して発がん性を示す可能性がある)。マウスを使った2年間の試験で発がん性が認められた。
その他:皮膚腐食性・刺激性(1A-1C)、眼に対する重篤な損傷・眼刺激性、特定標的臓器毒性(単回ばく露)肝臓・腎臓、特定標的臓器毒性(反復ばく露)中枢神経系・腎臓・肝臓・呼吸器

●四塩化炭素(テトラクロロメタン)
・CASNo.:56-23-5  ・化学式:CCl4
・性状:特徴的な臭気のある無色の液体(沸点76.5℃、蒸気圧12.2kPa(20℃))
・用途の例:他の物質の原料、試験研究または分析
・主な有害性
発がん性:国際がん研究機関(IARC)2B(ヒトに対して発がん性を示す可能性がある)。ラット及びマウスを使った2年間の試験で発がん性が認められた。
その他:特定標的臓器毒性(単回ばく露)肝臓・腎臓・中枢神経系、特定標的臓器毒性(反復ばく露)腎臓・肝臓

●1,4-ジオキサン(別称:[1,4]Dioxane、p-Dioxane、 [6]-crown-2)
・CASNo.:123-91-1  ・化学式:C4H8O2
・性状:特徴的な臭気のある無色の液体(沸点101℃、蒸気圧5.1kPa(25℃))
・用途の例:抽出・反応用溶剤、塩素系溶剤の安定剤、洗浄用溶剤
・主な有害性
発がん性:国際がん研究機関(IARC)2B(ヒトに対して発がん性を示す可能性がある)。ラット及びマウスを使った2年間の試験で発がん性が認められた。
その他:特定標的臓器毒性(単回ばく露)中枢神経系、特定標的臓器毒性(反復ばく露)腎臓・肝臓・中枢神経系

●1,2-ジクロロエタン/DCE(別称:二塩化エチレン/EDC)
・CASNo.:107-06-2  ・化学式:C2H4Cl2
・性状:特徴的な臭気のある無色の液体(沸点83.5℃、蒸気圧10.5kPa(25℃))
・用途の例:塩ビモノマー原料、エチレンジアミン、合成樹脂原料(ポリアミノ酸樹脂)、フィルム洗浄剤、有機溶剤、混合溶剤、殺虫剤、医薬品(ビタミン抽出)、くん蒸剤、イオン交換樹脂
・主な有害性
発がん性:国際がん研究機関(IARC)2B(ヒトに対して発がん性を示す可能性がある)。ラット及びマウスを使った2年間の試験で発がん性が認められた。
その他:吸引性呼吸器有害性、特定標的臓器毒性(単回ばく露)中枢神経系・血液・肝臓・腎臓・呼吸器・心血管系、特定標的臓器毒性(反復ばく露)腎臓・肝臓・神経系・甲状腺・血液

●スチレン(別称:フェニルエチレン、 スチロール、 スチレンモノマー)
・CASNo.:100-42-5  ・化学式:C8H8
・性状:無色~黄色の液体(沸点145℃、蒸気圧0.7kPa(20℃))
・用途の例:合成原料(ポリスチレン樹脂、ABS樹脂、合成ゴム、不飽和ポリエステル樹脂、塗料樹脂、イオン交換樹脂、化粧品原料)
・主な有害性
発がん性:国際がん研究機関(IARC)2B(ヒトに対して発がん性を示す可能性がある)。
その他:生殖毒性(1B)、吸引性呼吸器有害性、特定標的臓器毒性(単回ばく露)中枢神経系、特定標的臓器毒性(反復ばく露)呼吸器・肝臓・神経系・血液系

●1,1,2,2-テトラクロロエタン(別称:1,1,2,2-四塩化エタン、sym-テトラクロロエタン、アセチレンテトラクロライド、四塩化アセチレン)
・CASNo.:79-34-5  ・化学式:C2H2Cl4
・性状:クロロホルムに似た臭気のある液体(沸点146.5℃、蒸気圧0.6kPa(25℃))
・用途の例:溶剤
・主な有害性
発がん性:国際がん研究機関(IARC)2B(ヒトに対して発がん性を示す可能性がある)。
その他:特定標的臓器毒性(単回ばく露)中枢神経系・肝臓、特定標的臓器毒性(反復ばく露)肝臓・中枢神経系

●テトラクロロエチレン(別称:パークロロエチレン、パーク (perc)、PCE、テトラクロロエテン)
・CASNo.:127-18-4  ・化学式:C2Cl4
・性状:特徴的な臭気のある無色の液体(沸点121℃、蒸気圧2.5kPa(25℃))
・用途の例:代替フロン合成原料、ドライクリーニング溶剤、脱脂洗浄、溶剤
・主な有害性
発がん性:国際がん研究機関(IARC)2A(ヒトに対しておそらく発がん性を示す)。ラット及びマウスを使った2年間の試験で発がん性が認められた。GHS発がん性区分1B
その他:特定標的臓器毒性(単回ばく露)中枢神経系・呼吸器・肝臓、特定標的臓器毒性(反復ばく露)神経系・呼吸器・肝臓

●トリクロロエチレン/TCE(別称:1,1,2-Trichloroethene, 1,1-Dichloro-2-Chloroethylene,1-Chloro-2,2-Dichloroethylene,Acetylene Trichloride, TCE, Trethylene, Triclene, Tri, Trimar, Trilene, HCC-1120)
・CASNo.:79-01-6  ・化学式:C2HCl3
・性状:特徴的な臭気のある無色の液体(沸点87℃、蒸気圧7.8kPa(20℃))
・用途の例:代替フロン合成原料、脱脂洗浄剤、工業用溶剤、試薬
・主な有害性
発がん性:国際がん研究機関(IARC)1(ヒトに対して発がん性を示す。GHS発がん性区分1B
その他:生殖毒性(1B)、特定標的臓器毒性(反復ばく露)中枢神経系

●メチルイソブチルケトン/MIBK(別称:4-メチル-2-ペンタノン、イソプロピルアセトン)
・CASNo.:108-10-1  ・化学式:C6H12O
・性状:特徴的な臭気のある無色の液体(沸点117~118℃、蒸気圧2.1kPa(20℃))
・用途の例:硝酸セルロース及び合成樹脂、磁気テープ、ラッカー溶剤、石油製品の脱ロウ溶剤、脱脂油、製薬工業、電気メッキ工業、ピレトリン、ペニシリン抽出剤
・主な有害性
発がん性:国際がん研究機関(IARC)2B(ヒトに対して発がん性を示す可能性がある)
その他:特定標的臓器毒性(反復ばく露)神経系