服部産業医事務所の活動

腹筋と腰痛

こんにちは、保健師の倉です。
今朝、腹筋運動と腰痛についての
インターネットニュースを拝見しました。
腹筋運動にも色々ありますが、
今回挙げられているのは「シットアップ」。
腹直筋を鍛える、いわゆる「腹筋」です。

保健指導の際にも
「腹筋しよったけど、腰が痛くなってやめた」
「首が痛くなって、全然続かなかった」と
おっしゃる方がよくいらっしゃいます。

そのようなときにする質問は
「その腹筋は、腹直筋に効いていますか?」です。
腹直筋は肋骨と恥骨をつなぐ筋肉です。
が、腹直筋を鍛えようとして、腸腰筋を鍛えている方の多いこと!
「腹筋」をしてもらうと、足の付け根に力の入っている方がいらっしゃいます。
それでは効果的な「腹筋」になりません。

意識してほしい点は
・肋骨の剣上突起(みぞおちの骨)を恥骨に近づけるように、体を丸めること
・丸めながら息を吐き、おへそを体の中心にへこますこと

どうしても足の付け根に力の入ってしまう方は
スタートの位置を
床と平行(仰向けで寝る状態)にせず、
予め布団やクッションなどを背中側に積み上げて
体を斜めにした状態にしましょう。
(もちろん膝は伸ばさず、曲げた状態で)

文章では分かりづらいと思いますので、
私の先生の本を宣伝して終わります♪

正しい体幹トレーニングコンディショニングトレーナー  有吉与志恵

では、皆さまよい週末をお過ごしください。

お問い合わせフォーム
TEL:093-742-2204 受付時間:9:00~18:00
電話をかける