服部産業医事務所の活動

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信【33】

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信 2020年10月26日付
【33】感染者に対する差別をなくすために

経営者・総務人事担当者のみなさま、新型コロナウイルス感染者の増加に伴い、身近なところでも感染する人がいるかもしれません。感染しても、回復すれば元通りに働けます。安心して働ける職場づくりが必要です。

1. 課題の背景:
新型コロナウイルスに限らず、感染症は人との接触によって起こります。感染症に対する不安から、患者さんに対する忌避、嫌悪を抱く人もいます。職場において、感染者というだけで心ないことを言われた、治癒後にも出勤を拒まれた、というような差別をされたという方がいらっしゃいます。どんなに気を付けていても感染してしまうことはあります。感染者が差別されることで、体調不良を感じても言い出しにくくなって、結果として集団感染を起こしてしまう可能性があります。感染拡大防止対策と、個人への攻撃が混同されないようにしましょう。

2.企業でできる対策
〇 正しい知識を持ち、感染者を排除する必要がないことを理解する
〇 日頃の感染拡大防止対策を徹底する
〇 感染することに強い不安を感じる従業員に配慮する
感染者に対して差別や偏見が起こるのは、見えないウイルスに対する不安・恐れがあり、ウイルスに関する人や物を遠ざけようとする気持ちや行動が行き過ぎてしまうことも一つの要因です。不安や恐れは自分の身を守るために必要な感情ですが、感情に振り回されないためには正しい知識、他者の気持ち・状況への想像力を持つことが大切です。感染拡大防止対策を徹底することで不安を低減します。同時に、不安を強く感じている人もないがしろにしないようにしましょう。

1)正しい知識を持ち、感染者を排除する必要がないことを理解する
新型コロナウイルスに感染し発症しても、回復すればウイルスの排出はなくなります。軽症であれば、発症から8日経過すればウイルスの排出は低下します。症状消失後72時間経過していればさらにウイルスの排出が減少していると考えられます。つまり、回復者は他人に感染させることはありません。
□感染者が職場に復帰するのは他人に感染させる恐れが無くなってからであることを従業員に周知する
□誰でもどんなに気を付けていたとしても感染する可能性があることを理解する

2)日頃の感染拡大防止対策を徹底する
万が一従業員が感染しても、他の従業員に感染が拡がらないような対策を徹底しておくことで、不安を低減できます。
□職場での感染は休憩室や食事で起こりやすいため、マスクを外す飲食時には会話を控えることを徹底する
□人と会話するとき、電話で話すときは必ずマスクを着用する
□咳や咽頭痛、発熱などの症状がある場合は休めるようにする
□症状が咳や咽頭通程度で軽く、どうしても休めない場合はマスクの着用、手洗いを徹底し、他の人と一緒に食事しないようにする
□アレルギーや知覚過敏などの理由でマスクを着用できない従業員がいる場合は、人との距離を保つことができるように工夫する(孤立しないように注意する)

3)感染することに強い不安を感じる従業員に配慮する
 感染に対する感じ方は人それぞれです。強い不安を感じる人もいることを理解し、お互いに受け入れあえる環境を作るようにします。
□感染リスクの感じ方には個人差があることを企業全体で共有し、自分と違う感じ方の人を揶揄したり、攻撃したりしないように徹底する
□他人を誹謗・中傷するなどの行為については断固とした処置を行うことを周知する

3.関連情報リンク・参考情報:
1)新型コロナウイルスによる不安やストレスなどの心の問題に対処するために(日本産業カウンセラー協会)
https://www.counselor.or.jp/covid19/covid19column10/tabid/516/Default.aspx

2)新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~(日本赤十字社)
http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200326_006124.html

文責:櫻木 園子(一般財団法人京都工場保健会)

※本文章は、産業医有志グループ(今井・櫻木・田原・守田・五十嵐)で作成しました。厚生労働省新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班・和田耕治先生(国際医療福祉大学・公衆衛生学教授)のサポートも受けております。

動画を下記で配信しております。
〇第31回動画「Withコロナ時代におけるインフルエンザ予防接種」
https://youtu.be/tXdle20TzwU

お問い合わせフォーム
TEL:093-742-2204 受付時間:9:00~18:00
電話をかける