服部産業医事務所の活動

もうすぐ2年目


事務の武田です。
早いもので気付けば弊社に就職して1年が経とうとしています。
「もう仕事には慣れたでしょ?」
とよく聞かれますが、慣れたはずなのに
相変わらず“やらかして”いるので、
どちらかと言えば、私が仕事に慣れたと言うよりも
服部産業医を始め弊社の社員一同が
「ああ、武田さんだから…」と
私のミスに慣れてくれたように思います。
それはあたかも、以前、倉保健師に
以前、私が書いたブログのタイトルを相談したときに、
「“事務員武田の今週の勘違い”ってタイトルで
シリーズ化 したらどうですかぁ?」
と言わしめたほどの浸透ぶりです。

申し訳ないやらありがたいやら、
なんとも複雑な気持ちになりつつ
これからの1年間は、もっと
安心して仕事を任せてもらえる職員になれるよう
シリーズ化にならないよう努力していこうと思います。

インフルエンザ予防接種


こんにちは。保健師の宮本です。
先日、職場巡視でお伺いした企業様の掲示板に、インフルエンザの予防接種の健保の費用助成のお知らせが貼ってありました。
また、9月には東京や大阪の小学校でインフルエンザによる学級閉鎖のニュースがありました。

まだまだ日中は暑いので、今、インフルエンザと言われてもピンと来ないですが、もうそんな時期に向かっていますね。

インフルエンザワクチンは、流行状況やここ数年の傾向を踏まえて、今年のウイルスの型を厚生労働省や国立感染症研究所が予想して、毎年少しずつ異なるものを接種するようになっています。

接種後、免疫ができるまで2週間程かかります。
その効果は5ヶ月ほどで切れるようです。
流行期間をカバーするように、インフルエンザ予防接種を受ける時期としては、
10月末から12月初旬頃までに接種をするのがよいようです。

接種しても、絶対にインフルエンザを発症しない訳ではありませんが、発症したとしても、重症化の予防という効果があります。
小さいお子様や、受験生、高齢者がいらっしゃるご家庭は接種のご検討をしてはいかがでしょうか。
また、状況によってはワクチンが足りなくなる場合があるので、予約ができる医療機関であれば早めの予約をお勧めします。

恩師からのメール


こんにちは、保健師の倉です。
先日、久しぶりにFacebookを開くと、
中学時代の塾の恩師からメッセージが届いていました。
メッセージ一覧から既読を付けずに覗ける2行を拝見したところ、
先日私が担当した講話に参加なさっていた様子。
私の通っていた塾は当時厳しくて有名で、
つらさも楽しさも、学校より塾の記憶の方が鮮明なほど。
メッセージは開封せずに、一晩寝かせました。

翌日、意を決して開いてみたところ、
講師として登壇している成長への驚きと、
健康を考えるいい機会になったとの感謝の内容でした。
ダメ出しが恐ろしい!と思っていたのでホッとしました。
先生も丸くなったのかな…?
保健指導や講話で、
うまく伝えられなかったときは落ち込みますが、
恩師の一言は、とても励みになりました。

情報が溢れる中、健康管理に重要なのは行動力です。
小さなことでも、実際に改善に取り組まれていると伺うと、嬉しく感じます。
これからも、始めの1歩を後押しできる指導が行えるよう精進します。

スケジュール帳


事務の武田です。
少し気が早いかなとも思ったのですが、
来年用のスケジュール帳を購入しました。
毎年、このシーズンになると
お店に並び始める数々のスケジュール帳の中から、
お気に入りを探すのにわくわくします。
なにぶん忘却のスピードが加速している年頃なので、
スケジュール帳は私にとって必須アイテムです。
次の1年間を無事に過ごせるかどうかは
この手帳にかかっていると言っても過言ではない気がします。

かわいいものや、シンプルなもの、
地味だけれど機能的なもの、
格言・名言がページごとに書かれているもの
健康管理にも役立つページがあるものなど、
様々な手帳を前に目移りしますが、
ここ数年は全ページが方眼仕様になっていて、
見開きの月間予定と週間予定、
その他メモページが充実したものを購入していました。
しかし、結局、使わないページも多かったり、
色々とページが充実しているが故に
持ち運びに重く感じることにもなっていたので、
今年はシンプルにページ数が少なめで
月間と週間の予定を書き込めるものを選びました。

来年は何をしよう、何が起こるだろうと
今からワクワクしています。
私の“やらかし”が減ることも祈りつつ、
真新しいスケジュール帳に予定を書き込んでいます。

右肩痛の原因は?


なぜか今日は右肩が痛みます。肩の痛みはよく聞くありふれた症状ですが、古傷として痛んだ時期が以前にもありました。しかし最近は痛みも良くなり、ジムで運動した後も痛むことはなくなっていたのに、なぜか今日また痛くなりました。昨日特別なことは何もしていないはずなのに・・・。よくよく考えてみますと、昨日孫がわが家に遊びに来た際、高い高いをして孫を頭上に何回も抱え上げたのでした。自分が子供の頃にだっこをしてくれた祖父母や両親から、自分を抱えて肩が痛くなったというような話はよく聞きましたが、どうやら自分もありふれた症状を訴える、ありふれた爺さまになってきたようです。

武田事件簿~ああ、勘違い~


事務の武田です。
さらりとした心地よい風に高い空…と
すっかり秋めいてきました。
夏の間、落ちていた食欲も
2割増しの猛スピードで戻っている武田です。
せめて戻るだけにして、くれぐれも
以前より追い越してくれるなと祈る気持ちでいます。
食欲の秋、恐るべし、です。

さて、先日、服部カウンセラーが
ペットボトルのお茶を買ってきたときのことです。
「まだ冷やさなくて良いですよ」と言われたのに、
どこに置いておくか悩んだ私は、
ふと目に入った冷蔵庫の野菜室の引き出しを開け
中に何も入っていなかったことから
「あ、ここに直せば良いじゃない」
と袋ごとごっそりそこに直しました。

それから数日、
朝、出勤してくると野菜室に直していたペットボトルが
全てシンクの上に出されていました。
「冷やさなくてよい」と言われたのに
冷やしたことがいけなかったかな?と思いながら
よく見ればペットボトルの周囲が水浸しです。
何が起こったかわからずに水たまりを拭いていると
出勤してきた宮本保健師が私を見てニカッと笑い、
「野菜室に入れたつもりやったんやろ?」
と言います。
「は?」

数秒の沈黙の後、
慌てて野菜室の引き出しを開けると
そこには製氷皿がありました。
そうです。
私が野菜室だと思ったその引出しは

 冷凍室

だったのです。

シンクの水溜りはカッチンカッチンに凍ったお茶を
解凍したときに出たものでした。
毎日、毎日、何かしらミスをしてしまう自分に
どうしてこうも“やらかして”しまうのかと
ため息をつきつつ秋空を見上げた武田でした。

メンズバレンタインデー


事務の武田です。
今日は何の日だろうとネットを見てみると
「メンズバレンタインデー」
というのがありました。
「日本ボディファッション協会が1991年に制定」
「男性から女性に下着を贈って愛を告白する日」
だそうです。

下着を贈って愛を告白…。
頂いた方は嬉しい…のでしょうか?????
私は頂いたことがないのでわかりません。

好意を抱いているお相手から頂けば
何でも嬉しいものかもしれませんが、
こちらとしてはちょっと…なお相手から頂いたら、
逆効果になるリスクもあるように思います。
試しに、倉保健師に
「私が倉さんにパンツを送ったら私からの愛が伝わる?」
と尋ねたところ、
「ええ~~っ」
と軽く引かれました。
いつだって私の思いは空振りです。

ちなみに、私が異性から頂いたもので
一番多かった(?)のは、

 

養命酒

 

でした。

皆様も健やかにお過ごしくださいますように。

荷物が多い人


事務の武田です。
私の通勤バッグを見た服部カウンセラーから
「宿泊するの?」
と訊かれるほど、どうやら私は荷物が多いようです。

ネットで「荷物が多い人」と検索すると
・荷物が多い女子はモテない
・物をたくさん持つ人は選べない人
・現地で調達することを良しとしない心配性の人
などのご指摘があり、さもありなんと思いました。

自分では必要なものだけを入れているつもりなのですが、
荷物が増えればそれを抱える体がこたえるお年頃でもあるので、
どうすれば改善できるのだろうと調べたところ、
「休日に1,000円札1枚、500円玉1枚、
100円玉1枚、50円玉1枚、10円玉1枚、
5円玉1枚、1円玉1枚の
計1,666円を入れたお財布と携帯だけ持って、
不安にならない程度の距離を半日お散歩すると
思考が変わり始める」
とありました。
自分にとって何が気持ちの良い事か分かると、
必要な荷物も分かる、と言うのです。

おもしろそうなので、早速、
今週の休日にでも試してみたいと思います。
以上、いろいろと身軽になりたい武田でした。

話しかけられること


こんにちは。保健師の宮本です。

本日は健康情報ではないですが…

最近というか、ここ数年、全く知らない人に話しかけられます。道を聞かれたり、駅ではホームの行き方を聞かれたり。まぁ、このくらいならたまたま近くにいたからというだけかもしれません。
しかし、スーパーで品物を選んでいると、それは美味しいか聞かれたり、駅で今日はどこどこに行ってきたのとか話し始められたりします。
職業柄、ついつい聴いてしまいますが。
誰かに聴いて欲しいんだろなぁ〜と思いながら、しばらくお話することがしばしば。

話しかけられても構わないのですが、何故私…。
人を寄せ付けないよりはいいのか、ぼーっとしてるからいけないのか。

そしてついに、中国や韓国の方からも。
英語で話しかけられますが、いやいや日本語しか、話せませんから〜〜。ごめんなさい。

〇〇の秋が、近づきつつありますが、英会話でも始めた方がいいのかなと思う今日この頃。

プライベートではこんな保健師ですが、仕事のときこそこの力を発揮しないとですね。

夏バテと秋バテ


事務の武田です。
早いもので8月も今日で終わり、明日から9月です。
まだまだ日中の暑さは厳しいですが、
朝晩は涼しく感じる日も増えてきました。

35度を超す気温も珍しくなくなった今年の夏、
仕事を終えて帰宅した際に、
なんだか頭が痛かったり、
興奮してもいないのに鼻血が出そうだったり、
頭がくらくらするのを感じたりしたとき、
ふと室内の温度計を見ると34度を指しており、
慌ててエアコンを入れるのですが、
32~33度くらいなら気づかずに過ごしている自分に驚きます。
(危険ですので良識ある大人は真似をしないでください)

そんな過酷な夏を過ぎ、
急に涼しくなると体が困惑しているのを感じます。
夏バテならぬ秋バテというのもあるそうで、
食欲不振でバテてしまうだけでなく、
逆にスタミナをつけようと食べ過ぎるのも
体には負担となり夏バテ・秋バテを招くのだとか。
どちらも自律神経を整えることが大切だそうなので、
適度に体を動かし、ゆったりとお風呂につかり、
栄養バランスの取れた食事を摂り…という
毎回耳にする方法を地道に守っていくことが
健康維持の秘訣のようです。

改めて、朝から「ガリガリ君」を食べたりしていてはいけないのだな
と反省した夏の終わりでした。