服部産業医事務所の活動

チョコレート

事務のタケダです。

宮本保健師曰く、
「マンガと同じ顔しとった」
とのことでした。

災い転じて福となす

今回のコロナ禍により、これまで日常当たり前のように行ってきた会議や出張、その他の仕事が必ずしも必要でなかったり、簡略化できることが浮き彫りになってきています。仕事のための仕事を廃し、また仕事の効率化を進めるうえでコロナ禍は大きな転換点になるかもしれません。まさに「災い転じて福となす」契機にしたいですね。

持病がある方、受診控えていませんか

こんにちは。保健師の宮本です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、医療機関の受診控えが増えています。
過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
持病のある方も処方薬が切れている方もいるようです。
定期的に服用している薬が切れると、状態が悪化してしまうおそれもあります。
また、定期健診後に要精査となった方も「今病院に行くと感染するかもしれないから」と精密検査を先延ばしにすることも、悪化のリスクを高めてしまいます。

病気はコロナだけではありません。
持病が悪化すると、新型コロナなどのウイルスに対抗できない状態になることも考えられます。
お気を付けください。

皮下注射

こんにちは、保健師の倉です。
夜は寒くなり、入浴中に意識の飛ぶ日が増えてきました。
間近に迫る冬を感じます。

久しぶりに新型コロナウイルスの情報を集めているのですが
どんどん情報が更新されていて、なんだかきりがありません‥。
新型コロナウイルスとインフルエンザの比較についても
色々情報が出ていますが、症状だけではなかなか鑑別が難しいようです。

医療機関の負担を減らすために、
インフルエンザの予防接種はぜひ接種して頂きたいところ。
もう接種なさいましたか。
腫れるし痛いですよね‥。
ワクチンを入れるので痛みはしょうがないのですが
浅いところに注入する皮下注射なので、
局所的な腫れや痛みが出やすいと言われています。
海外では筋肉注射で少し深いところに刺すのですが、日本では皮下注射。
昔、たくさん補液を筋肉内に入れて、筋短絡症候群などが出た歴史から
日本では筋肉注射が敬遠され
インフルエンザの臨床試験が皮下注射で行われてきたことが
現在も皮下注射一択である所以だそうです。
効果が同じであれば、副反応が起きない方がうれしいのですが…。
コロナウイルスのワクチンは どうなるのでしょうか。

三密回避、新しい生活様式の継続を

毎年9月に入るとインフルエンザの発生が全国的に報告されてくるのですが、今年は例年に比べその発生数が非常に少なかったようです。国民がコロナ対策をしっかり行っていることが、インフルエンザの発生も低いレベルに抑えているということが言われています。三密回避、新しい生活様式の実践は両感染症共通の対策になりますので、これらを継続することにより、今年の冬はコロナはもちろんのこと、インフルエンザもしっかり予防できそうです。

コロナの影響

こんにちは、保健師の倉です。

先週の武田氏は請求処理など
仕事の波が次々やってきて
溺れる寸前でしたが
今週は私の方が溺れています。

例年であれば今頃は
心穏やかに講話の資料を作っているのですが
今年はコロナのせいでバタバタです。
延期していた健康診断の再開に伴い
健診後の保健指導がギュッとやってきました。
メールのお返事も報告書の提出も
お時間を頂いてしまい…すみません。

忙しいとテンションがおかしくなり
たまに発狂しては
宮本保健師になだめられております。
来年は定期健診が
ちゃんと予定通り定期間隔で行われますように!

ハミング

事務のタケダです。

秋はおセンチになりますね…ふふっ。

 

ちなみに、参考までに関連のブログはこちら↓

そういうとこ、です。

時代を先取りしていたウルトラセブン

コロナ禍以降、リモートでの会議は当たり前になりましたが、すでに50年くらい前の子供のテレビ番組のなかで、登場人物がリモートで話をしていたことを思い出しました。その番組は「ウルトラセブン」。その中では隊員同志が腕時計のようなものを覗き、お互いの顔を見ながら怪獣を退治するための話をしていました。ちなみに隊員は怪獣に対して無力で、結局最後はウルトラセブンが出てきて怪獣を退治してくれるというお決まりのストーリーでした。リモートで互いの顔を見ながら話をする時代が来るなどとは当時全く思っておらず、子供心にこんなものあれば良いなと思っていました。それが今では本当に実現したのですから、科学の進歩は本当に素晴らしいと思います。現在空飛ぶ車が開発されているようですが、これもかつての夢が現実になりつつある一例ですね。

わかってください

事務のタケダです。

♪涙で文字がにじんでいた~なら
 わか~ってぇぇ~ 下さ~いぃぃぃ~♪

以上、タケダの心の声と
現実の会話のギャップをお伝えしました。

ちなみにこの2時間後↓

熱もないのに「ボーっと生きてんじゃねーよ」

先日某事業所に伺った際、入り口でいつものように体温を所定の用紙に記入したのですが、平熱であったにも関わらず、なぜか37.5度と誤って記入、部屋に入って行きました。衛生委員会が終わった後、担当者が血相を変えて私のところに来られ、「先生、今日熱があるのですね」と鬼のような形相。その時私は体温を誤って記入していたことに気づき、平謝りしました。そして私は心の中で自分自身に怒ったのでした。熱もないのに「ボーっと生きてんじゃねーよ」。

お問い合わせフォーム
TEL:093-742-2204 受付時間:9:00~18:00
電話をかける