服部産業医事務所の活動


高齢者の能力の過信


高齢者の運転による事故が社会問題となっています。高齢者の特徴として自分の能力が低下しているにもかかわらず、それを自覚しておらず、能力を過信していることが、事故を引き起こす要因の1つになっていると考えられています。産業現場で起こる高齢者の労災事故についても同じことがいえます。自分の能力が若い時に比べ低下しているにも関わらず、若い頃の感覚で起こした行動が思わぬけがや事故につながっているケースが多く見られます。若い時には何でもなかったような段差につまづいてしまうことなどはその典型例です。こうして考えると、自分の老いを自覚することも労働災害を防止する1つの鍵になるといえそうです。かくいう私にも、間もなくしてブーメランのように返ってくる教訓ではありますが。

5月31日世界禁煙デー


こんにちは、保健師の倉です。
職場の禁煙対策は進んでいますか。

健康増進法の一部を改正する法律が、2018年7月に成立し、
2020年4月1日の全面施行に向けて、受動喫煙対策が必要です。
例えば、事業所での喫煙室の設置。
ロッカーや休憩室が喫煙場所となっている事業所は
受動喫煙防止のため、喫煙だけのスペースを確保しましょう。
「みんなが事務所で吸うから喫煙室はいらない」はNGです。

詳細はこちら↓
なくそう!望まない受動喫煙 サイト
https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/business/restaurant/type_2.php

頼もしい保健師シスターズ


事務の武田です。

弊社の保健師は頼もしいです。

22日より日本産業衛生学会に参加します


今年は名古屋で開催されますが、21日に前泊し、25日までみっちり勉強する予定にしています。4月の法改正に伴い産業医の権限が強化されたこともあり、学んできたいことがたくさんあります。保健師、産業カウンセラーも含め専門スタッフ全員が参加しますので、その間は契約先の職場に伺うことは出来ませんが、ご理解のほど、よろしくお願いします。

風しん第5期定期接種


こんにちは、保健師の倉です。

1962年4月2日から1979年4月1日までの間に生まれた男性に対して、

抗体検査を実施した上で、風しんの第5期の定期接種を行うこととなりました。

2019年度は、1972年年4月2日から1979年年4月1日生まれの男性に

市区町村からクーポン券が送られるそうです。

福岡市では3月29日に送付されているようですので

対象者の皆様のお手元に既に届いているのではないでしょうか。

北九州市では6月に送付予定だそうです。

2020年度に1962年4月2日から1972年4月1日生まれの男性へ

クーポン券が送付される予定ですが、

2019年度中に抗体検査・定期接種を受けることも可能ですので

各市町村ホームページをご参照ください。

福岡市

http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/health/vaccine/huushindai5ki.html

北九州市

https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/k18901108.html o

なけなしの乙女心


事務の武田です。
大型連休中、健康診断(生活習慣病検診)を受けてきました。
当初、連休前の4月に受検しようと思い
某医療機関に予約の電話してみたところ、
7月まで胃カメラの予約がいっぱいだと言われ、
唯一空いていた連休のうちの1日を利用しての検査となりました。

予約の電話をしてから4日後に健康診断実施という
あまりにも急な決定でしたので、
「もうちょっと体重を減らしてから」とか
「もうちょっと血液検査の数値が良くなるようにしてから」とか
検診を先延ばしにしつつ、なかなか改善のための実行が伴わなかった私に
遂に神判が下されたかと思うほどの急転直下な出来事でした。

決まってしまったものは仕方ありません。
無駄な悪あがきをせず、
ここは正々堂々と現実を受け止めることにしました。
体重も腹囲も血糖値もありのままを受け入れよう!
そのための健康診断じゃないか!
そう決心して健診へ赴きましたが、
腹囲を測ってもらうときに、思わずひゅっと息を吸って
おなかをへこます私がおりました。
私にもまだ若干、乙女心が残っていたものと思われます。

しかし、敵…もとい、看護師さん達もさるもの、
私が息を吸った途端、じ~っと待たれて
息をふっと戻した瞬間にすかさず
どえんどえんの腹囲をメジャーで測られたので
私みたいなことをする人が他にもいるんだなと思いました。

皆様も健康診断を受けてくださいますように。

進化する父親


事務の武田です。
先週金曜日の夜、母がけがをしたとの連絡があり、
実家へ駆けつけた時のことです。

母は、私に電話で連絡するため、父に
「テーブルの上にある携帯電話を取ってくれ」
と頼んだそうです。
足の悪い父がいざって、母のもとへ届けたそれは

惜しい。
確かに数字はついていますが、
電卓の形はどちらかといえばスマホであって、
母が使うガラケーにはあまり似ていません。

「これじゃあない。携帯電話よ。あるやろ、テーブルの上に!」
父は再びいざってテーブルの場所までもどり、
母のもとへ届けたそれは

惜しい。実に惜しい。
形はガラケーに若干近づきましたが、
テレビのリモコンに通話機能はついていません。

そういえば、以前、母の携帯電話が鳴った時、
父はおもむろにクーラーのリモコンをつかんで
「もしもし」
と言ったことがあるので、クーラーのリモコンにはない
数字があるテレビのリモコンを今回選んだことは
ある意味、進化といえるかもしれません。

結局、母は自分で携帯電話を取りに行き、
無事、私に連絡がついたわけですが、
母からその話を聞いた時、
母のけがを心配する気持ちが吹き飛ぶほど
大笑いした出来事となりました。

みなさまも、お怪我などなさいませんように
お元気で連休をお楽しみください。

社会的時差ボケ


こんにちは。保健師の宮本です。

社会的時差ボケという言葉があるそうです。日ごろの生活で体内時計の乱れによって、時差ボケのようになることがあります。平日は睡眠時間が短くしか取れない人が、休日になると寝だめをしたりする生活を繰り返していると、体内時計に変調をきたしてしまうそうです。休みの朝、いつもの時間に目が覚めて、今日はもう少し寝れると二度寝をしたくなりますが頑張って起きてしまう方が、実は体にはよいようです。社会的時差ボケは肥満や糖尿病、心臓病のリスクを高めることも明らかになっているようです。

新年度からの忙しさと、今年はゴールデンウイークが10日間となるので、この時差ボケになりやすい状況のようです。どこかに出かける予定のある方は、朝から活動されるかと思いますが、家でゴロゴロの予定の方は、起きる時間、食事の時間などが平日と大きくかけ離れないように、工夫が必要ですね。

産業医大で講義をしました


19日に産業医大で医学部3年生に講義をしました。この4月に新たに教授に就任された辻先生の衛生学教室の講座で、テーマは廃棄物処理とリサイクルについてでした。今年は娘が入学したこともあり、今までとは少し違う心持ちで大学に伺いました。講義の冒頭で独立産業医の話をしたのですが、今年はその話に興味を持ってくれた学生が多くいたようで、講義後にもう少し独立産業医の話を聞きたいと寄ってきたり、メールをくれたりする学生もおり、例年に比べ講義への反響が大きかったように感じます。講義により独立産業医が産業医大の学生にも認知されるきっかけになればと思います。また娘を知っている3年生の先輩の学生から娘あてには、私の講義中の写真をLINEで結構な数送ってきていたようです。辻教授によると、どうやら来年は娘の学年に同じ講義をすることになりそうですが、娘はとても嫌がっています。

体力づくり


こんにちは、保健師の倉です。

桜の季節があっという間に終わり

巡視していると暑いくらいです。

熱中症予防の準備は進んでいますか?

エアコンのメンテナンスや

冷蔵庫の3Sなど環境整備だけでなく

暑さに耐えられる体作りを始めましょう。

寒さや花粉症が和らいだ今!

運動を始めるにはベストでは?