プロフィール

  • TOP
  • プロフィール

プロフィール

代表取締役  服部 泰
- Yasushi Hattori -
< 資格等 >
医学博士
労働衛生コンサルタント
日本産業衛生学会指導医
福岡産業保健総合支援センター特別相談員
産業医科大学非常勤講師


服部 泰 プロフィール

昭和35年福岡市に生まれる
昭和54年福岡県立修猷館高校卒業
昭和55年産業医科大学入学
昭和61年産業医科大学卒業後、新日本製鉄株ェ幡製鉄所に入社、以後13年間専属産業医として勤務する。
平成11年5月八幡製鉄所を退職後、服部労働衛生コンサルタント事務所を設立、現在に至る。
平成18年6月株式会社服部産業医事務所に組織変更。

株式会社服部産業医事務所

代表取締役/服部 泰
住 所  〒808-0136 北九州市若松区花野路2丁目11‐3
TEL (093)742-2204  FAX (093)230-4688

弊社に産業医をお任せ下さい。

産業医は法律で定めた特定の要件を備えた医師である必要があります。
しかし産業医の資質としてそれだけで充分でしょうか。
近年産業医に求められる職務は複雑かつ多岐にわたってきており、企業にとって知識、技術、経験を備えた産業医、いわばプロフェッショナル産業医を選任することはこれからますます重要になってくると思われます。
弊社代表取締役 服部は大企業の専属産業医として13年間勤めた後、独立開業し、現在100社を超える企業の嘱託産業医、労働衛生コンサルタントとして活動させていただいており、その豊富な経験と実績に対して高い評価をいただいています。
弊社は企業のあらゆるニーズに応えるべく、嘱託産業医活動をはじめとして産業保健活動を専業として行っている会社です。
これから産業医の選任または交代をお考えの企業の担当者様はぜひ一度弊社にご相談ください。

保健師紹介

心身ともに健やかに、個々の力を発揮できるよう、サポートします。

倉 明日香
- Asuka Kura -
2006年3月 山口大学 医学部 保健学科 看護学専攻 卒
脳外科集中治療室での看護師経験を経て、健診施設や企業内で
保健師として勤務。
2016年7月 より現職

【取得資格】
 看護師
 保健師
 第一種衛生管理者
 健康運動実践指導者
 コンディショニングインストラクター (一社)
   日本コンディショニング協会認定
 全米NLPマスタープラクティショナーコース修了
 (一社) ここ・からだ 初級発達支援コーチ


コミュニケーションをしっかり取りながら、こころとからだの問題解決に努めます。

宮本 美香
- Mika Miyamoto -
1992年3月 産業医科大学医療技術短期大学(現、産業医科大学)専攻科卒
卒後、健康保険組合にて保健師として勤務。
以後、地域、企業の保健師を経験。
2017年2月より現職

【取得資格】
 看護師
 保健師


産業カウンセラー紹介

「丁寧かつ的確に」 を目指します

武田 理恵
- Rie Takeda -
1992年 西日本短期大学卒業
卒業後、病院外来事務等を経て産業医科大学医局事務を経験
2016年10月より現職


産業カウンセラー紹介

働く人に寄り添うカウンセリングを心がけています

服部 尚見
- Naomi Hattori -
1982年3月 産業医科大学 医療技術短期大学
(現、産業保健学部) 衛生技術学科卒
財団法人福岡労働衛生研究所で臨床検査課係長として7年間勤務。
その後産業カウンセラー資格を取得、現職。

【取得資格】
社団法人日本産業カウンセラー協会 登録産業カウンセラー
臨床検査技師
キャリアコンサルタント
シナプソロジー インストラクター


5つの強み

1.専門だからこその安心
 開業医や勤務医が嘱託産業医の仕事を副業として行っていることは多いですが、本業が忙しくなかなか事業場に来てくれなかったり、産業医としての知識やスキルが充分でなく企業が期待している活動ができていなかったりする例が多く見られます。近年産業医に求められる職務は複雑かつ多岐にわたってきており、企業にとって知識、技術、経験を備えた産業医、いわばプロフェッショナル産業医を選任することはこれからますます重要になってくると思われますが、実際にそのような産業医をさがすことは決して容易ではありません。
 弊社代表取締役 服部は大企業の専属産業医として13年間勤めた後、独立開業し、現在100社を超える企業の嘱託産業医、労働衛生コンサルタントとして活動させていただいており、その豊富な経験と実績に対して高い評価をいただいています。
 弊社は嘱託産業医活動をはじめとして産業保健活動を専業として行っているからこそ、企業様にご満足、ご安心いただけるのです。
2.スピード対応でご満足頂けます
 通常嘱託産業医は事業場に常駐していませんので、日々発生する問題に対して産業医から即座に助言ないし対応をしてもらう体制になっていない場合が多く、産業医と連絡が取れない、取りづらいといった悩みは多く聞かれます。
 またメンタルヘルス相談や長時間労働者に対する面接指導、復職面談等は月1回の定例出社以外でのタイムリーな対応もしばしば必要になるものです。
 弊社と産業医契約を結んでいただければ、問題が発生した際にも電子メール、ファックス、携帯電話等で連絡をいただければ、速やかに担当者に回答をさせていただきますし、さらに必要があればできるだけ近い日にちに事業場へ出向き、面談その他の対応をいたします。まさにスピード対応も自慢の産業医事務所です。
3.御社をチームでサポートします
 1人の産業医にできることは、能力的にもまたマンパワー的にも自ずと限界があります。また産業医以外のスタッフが対応する方がむしろ効率的、効果的なことも多々あるものです。臨床医学の現場においてはチーム医療ということがよくいわれますが、産業保健活動においても同様なことがいえるのではないでしょうか。
  弊社にはそれぞれの専門知識やスキルを備えた保健師や産業カウンセラーが常勤スタッフとして在籍しており、産業医の指示のもとに保健指導やメンタルヘルス相談、カウンセリング等を行っています。弊社はチームで企業様のサポートを行うことにより、"企業外健康管理室"になれるよう努めています。
4.オーダーメイドの活動をご提供
 企業によって規模、業種、業務内容、組織、予算、文化は異なりますので、産業保健活動も当然それぞれの企業の実情に応じて計画していく必要があります。特に中小零細企業ではスタッフや予算が限られている場合も多く、優先順位をつけてできるところから取り組んでいくという姿勢も必要です。
 弊社は企業様から充分に聞き取りを行い、さらに他企業の現状も考慮したうえで、押し付けではない最適な産業保健活動のプログラムをご提案いたします。
5.現場に密着した信頼の産業医活動
 産業医は労働者の就業の可否やその条件について判断を求められることは多いですが、働く現場を充分に理解しているからこそ的確な判断ができるのであり、それが臨床医との違い、産業医の強みでもあります。そのために日頃からできるだけ多く現場に足を運ぶことを心がけており、弊社の職場巡視の回数は年間600回を超えています。私どもは"ヘルメットと作業服の似合う産業医、産業保健師"を目指しています。