面談およびカウンセリングの流れ

復職面談の流れ

1ヶ月以上長期に休業された方について、以下の手順で産業医が面談を行い、復職の可否および条件を判定します。

復職面談の流れ

過労死を防止するため、1ヶ月あたりの時間外労働が100時間あるいは、平均で80時間を超える労働者について、以下の手順で産業医が面談を行い、今後の就業の可否および就業条件を判定します。

就業措置面談、メンタルヘルス相談、カウンセリングの流れ

健診データの不良者、メンタル不調者については、早期の対応が望まれます。
以下の手順で、産業医、産業カウンセラーが面談対応いたします。