服部産業医事務所の活動

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信【27】

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信 2020年8月3日付
【27】 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用

企業の経営者・担当者のみなさま、接触確認アプリは利用者が増えるほど感染拡大防止に役立つようになります。個人情報・プライバシーの保護に配慮しつつ、自分たちのために、周りの人々のために、ぜひ活用しましょう。

1. 課題の背景:
医療機関で患者が新型コロナウイルス感染症と診断された場合、感染症法に基づき管轄の保健所に報告され、接触確認(contact tracing)及び濃厚接触者への対応が行われます。接触確認は結核や麻疹などを対象に昔から行われている手法で、患者が企業の従業員の場合、勤務先の健康管理担当者はほぼ確実に協力を求められます。また、担当者が一人一人の状況を確認・記録していく地道な作業であるため、時間がかかって対応が遅れたり、患者数が急激に増えて対応が追いつかなくなったりするおそれが生じます。これは日本に限らず世界共通の問題です。
そこで、世界中のスマートフォンの多くに搭載されている基本ソフト(Android)を開発するGoogleと、iPhone及びその基本ソフト(iOS)の製造元であるAppleは、共同で濃厚接触の可能性を検出する技術を開発し、5月下旬に世界各国の政府・公衆衛生当局向けに公開しました。
日本では、厚生労働省がGoogleとAppleの技術を活用したスマートフォン用アプリ(COVID-19 Contact-Confirming Application、以下「COCOA」)を開発しました。6月19日に初版が公開され、ダウンロード数は7月31日17時時点で約996万件に達しています。

2. 企業でできる対策:
○ 従業員にCOCOAの利用を推奨し、
「近接した可能性」を通知されたら健康管理担当者へ申し出るよう呼びかける
○ 従業員が新型コロナウイルス感染症の患者になった場合、「陽性登録」を勧める
○ 「近接した可能性」を申し出た従業員と患者になった従業員の
個人情報・プライバシーの保護について、ルールと運用に盛り込む

COCOAの利用目的は、新型コロナウイルス感染症の患者と接触した可能性を知ることで、保健所によるサポートが迅速に行われるようにすることです。利用者数が増えることで感染拡大防止につながることが期待されていますので、まずはできるだけ多くの従業員にCOCOAを利用してもらうことが大切です。任意の呼びかけに加え、業務用スマートフォンを支給していれば標準アプリとしてインストールしておく方法もあります。
その上で、もし従業員が患者と「近接した可能性」(〔参考1〕参照)を通知されたら、健康管理担当者に申し出るよう呼びかけましょう。健康管理担当者は保健所と連携して、濃厚接触者の観察又は検査といった対応が円滑にできるようになります。理想的には、スマートフォンを持つ従業員のほぼ全員がCOCOAを利用するようになれば、対応の対象範囲を聞き取りだけでなく客観的な裏付けをもって設定できるようになり、不確かな情報による過剰ぎみの対応(例えば、全員一律自宅待機で事業がストップする)を防ぐことが期待されます。
従業員が新型コロナウイルス感染症の患者になった場合、COCOAを利用していれば匿名で「陽性情報の登録(陽性登録)」ができるようになります。保健所から患者に登録方法と処理番号が案内されるはずですが、企業からも登録を勧めましょう。患者がはっきり記憶しておらず、聞き取りを中心とする接触確認では漏れてしまう社内外の濃厚接触者を確認できるなど、感染拡大防止に役立つことが期待されます。
上記の対策を進めるにあたり、「近接した可能性」を申し出た従業員や患者になった従業員の個人情報・プライバシーへの配慮は大前提です。例えば、該当する従業員について社内で伝える範囲は必ず本人に確認して同意を得る、同意を得ることが難しい場合には保健所を交えて相談することをルール化しておく方法が考えられます。COCOAそのものも個人情報・プライバシーの保護を重視した仕様(〔参考2〕参照)になっています。

〔参考1〕 COCOAの利用方法
□ AndroidスマートフォンとiPhoneに対応している
□ 設定した端末同士の接近を検知して記録する
□ 新型コロナウイルス感染症と診断された人が「陽性登録」すると
接近した記録のある端末に「近接した可能性」と次のアクションが案内される
COCOAを使える端末は、Android 6.0以上で動作するスマートフォンとiOS 13.5以上で動作するiPhoneで、2016年以降に発売された機種のほとんどが含まれます。公式アプリストア(Google PlayストアとAppleのApp Store)から無料で入手と更新ができます。
COCOAを起動し、利用を開始すると、他のCOCOA利用端末との接近(概ね1m以内で15分以上)を記録し、14日間保存します。
利用者が新型コロナウイルス感染症と診断され、COCOAで「陽性登録」の操作を行うと、接近した記録のある端末に「近接した可能性」のプッシュ通知が表示されます。通知された利用者は、風邪症状があるか、周囲に新型コロナウイルス感染症が疑われている患者がいるかを回答し、その内容に応じて帰国者・接触者外来の予約・受診案内か14日間の体調確認に進みます。

〔参考2〕 COCOAにおける個人情報・プライバシーの保護
□ 電話番号や位置情報は使わず、Bluetoothで接近した情報だけが記録される
□ 利用開始と「陽性登録」は、能動的に操作したときのみ行われる(オプト・イン)
□ 「陽性登録」は匿名で、接近した相手には誰なのか通知されない
□ 接近の記録は14日経過後に自動的に削除される
政府が個人の行動を監視するのではないか、「陽性登録」の操作をしたら誰かに知られるのではないかなど、個人情報・プライバシーに関する懸念については開発段階でかなり考慮されています。プログラミングの知識がある方であれば、公開されたソースコードを調べることもできます。
まず、GoogleとAppleが開発した技術は、個人の特定につながりやすい電話番号やメールアドレス、プライバシーに強く関わる位置情報は使わず、ワイヤレスヘッドホンなどに使われるBluetooth規格の無線通信を使って接近した情報だけが記録される仕組みになっています。
また、COCOAの利用開始と「陽性登録」は、いずれも利用者が能動的に操作したときのみ行われます(オプト・イン)。さらに「陽性登録」は匿名で、「近接した可能性」を通知された人には相手が誰なのか伝わらない仕様です。
接近の記録は14日経過すると自動的に削除されます。その前でも利用者がCOCOAの使用を中止することで削除が可能です。

3. 関連情報リンク:
1) 厚生労働省: 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html
2) 政府インターネットテレビ: 「新型コロナ接触確認アプリの紹介」篇
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg20904.html
3) AppleとGoogle、新型コロナウイルス対策として、濃厚接触の可能性を検出する技術で協力
https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/04/apple-and-google-partner-on-covid-19-contact-tracing-technology/
4) Google: 濃厚接触の可能性を通知するシステム: 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の
拡大抑止に取り組む公衆衛生機関をテクノロジーで支援する
https://www.google.com/covid19/exposurenotifications/
5) ITmedia Mobile: 内閣府が語る「接触確認アプリ」開発の経緯
 「インストール義務化は信義則に反する」 (2020年7月31日)
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2007/31/news152.html

文責:田原 裕之(産業医科大学 産業精神保健学)
※本文章は、産業医有志グループ(今井・櫻木・田原・守田・五十嵐)で作成しました。厚生労働省新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班・和田耕治先生(国際医療福祉大学・公衆衛生学教授)のサポートも受けております。

動画を下記で配信しております。
〇第25回動画「感染症対策と熱中症対策の両立」
https://youtu.be/j6ZfW2Q-Sw8

弊社のお盆休みについてお知らせです

今年のお盆休みは8月8日(土)から16日(日)までの9連休とさせていただきます。なお産業医の私は例外、12日まで定例出務は行いますので、よろしくお願いいたします。暑さ厳しき折、くれぐれもお体をご自愛ください。

SNS映え

こんにちは、保健師の倉です。
産業医学推進研究会のメーリングリストから
SNS映えする新型コロナウイルスのロゴをご紹介します。

国際医療福祉大学 医学部公衆衛生学/医学研究科 
和田 耕治 先生 企画

新型コロナウイルス感染爆発防止のために私ができること
— What I can do to avoid an “explosion” of Covid-19 infections — と
題したサイトには他にもロゴやポスターの素材があります。
*リンクはこちら
非商用であれば自由に利用できるそうなので、
Twitterのヘッダーなどに いかがでしょうか。

翻訳作業

事務のタケダです。

 

仕事もしてま~す。

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信【26】

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信 2020年7月27日付
【26】 プライベートへの注意喚起(特に県境を越えた移動について)

経営者・総務人事担当者のみなさま、夏季休暇を控え、社員への感染拡大防止の注意喚起をしていますか?
緊急事態宣言が完全に解除され、人の移動、接触が増え、都心部を中心に新型コロナウイルス感染が再拡大してきています。社員が感染しないよう、感染拡大地域への出張のみならず、プライベートの行動についても注意喚起を行いましょう。

1.課題の背景:
都心を中心に再び新型コロナウイルス感染が拡大している中、緊急事態宣言明けと比べ、感染防御対策が緩んでいる方も出てきます。第一波の際、大都市から他地域へのヒト移動に伴い他地域での感染者数が増加しました。夏季休暇などで移動範囲、交流範囲が広がると社員が感染するリスクも高くなります。

2.企業でできる対策:
〇 従業員に向け「新しい生活様式」の徹底を改めて注意喚起する。
〇 感染拡大地域への出張は控えさせる。
〇 休暇時の旅行については、感染リスクをよく検討させる。
〇 旅行中は「新しい旅のエチケット」に沿った行動を取るよう注意喚起する。

1)従業員に向け「新しい生活様式」の徹底を改めて注意喚起する。
(ポイントを抜粋、詳細は参考情報(1)参照)
□ 人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。
□ 会話をするとき、人との間隔が十分とれない場合は、症状がなくてもマスク着用。
□ 手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)。
□ 毎朝の体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合は自宅療養。

2)感染が流行している地域からの出張、感染が流行している地域への出張は控えさせる。
 詳細は、第1回「遠距離出張を見直しましょう」(関連情報(2))を参照

3)休暇時の旅行については、感染リスクをよく検討するよう注意喚起する。
□ 感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える。
□ 旅行 の1~2週間前から感染リスクの高い行動(下記表参照)を取らない
□ 旅行する際は、下記の表を参考に、感染リスクが低くなるように計画する。
□ 帰省の場合、高齢者など会う人に重症化のリスクがあるかどうかも考慮する。

<旅行する時の検討事項> 参考情報(3,4)も参照

4) 旅行中は「新しい旅のエチケット」に沿った行動を取るよう注意喚起する。
(ポイントを抜粋、詳細は参考情報(5)参照)
 □ 毎朝の体温測定、健康チェック。発熱かぜ症状時は、旅行に行かない、帰宅する。
 □ 会話をするとき、人との間隔が十分とれない場合は、症状がなくてもマスク着用。
□ 交通機関内での会話は控えめにする。
 □ 食事中の会話も控えめに、会話は個室で楽しむ。
□ 不特定多数の触れる場所(手すり、エレベータースイッチ、ドアノブ)を触れた後は石鹸で手洗いする(手指消毒薬の使用も可)。
 □ おみやげ選びは、触れずに目で選ぶ。

3.関連情報リンク:
(1)新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表しました – 厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html
(2)企業向け新型コロナウイルス対策情報 第1回 遠距離出張を見直しましょう
https://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=1021774
(3)BuzzFeed News夏休みの旅行はどうすべき? 新型コロナ時代の旅行で考えておきたい7つのポイント
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-wada-11?ref=hpsplash&fbclid=IwAR3pXIe1R7Qa8N0a_PLOtoQDCYG3DkPhk1HFML3P8MqybKm9lFeKgrQze1o
(4)YAHOO!ニュース Go To トラベル 感染を広げないためには
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200724-00189644/
(5)新しい旅の エチケット – 国土交通省
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001349264.pdf

文責:守田 祐作(産業医科大学 健康開発科学)
※本文章は、産業医有志グループ(今井・櫻木・田原・守田・五十嵐)で作成しました。厚生労働省新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班・和田耕治先生(国際医療福祉大学・公衆衛生学教授)のサポートも受けております。

動画を下記で配信しております。
〇第24回動画「職場の感染リスク管理~スイスチーズモデルで考えましょう!~」
https://youtu.be/SPe4wTbhg2I

 

 

気温より湿度

今年も熱中症のハイリスクシーズンになりました。巡視で現場に行けば、熱中症の発生リスクが高いかどうかは体感として分かりますが、気温より湿度の高い方がより体にこたえます。実際に湿度は気温の3倍WBGTに関与していると言われています。先日の職場巡視を行った作業場は湿度が76%あり、かなり蒸し暑い思いをしました。また屋内だからと言って油断禁物です。製造業で発生する熱中症の3分の2は屋内で発生している現状があります。

暑中お見舞い申し上げます。

事務のタケダです。
終業時の出来事でした。

私の脳内にはこんな映像ばっかりです。

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信【25】

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信 2020年7月20日付
【25】感染症対策と熱中症対策の両立

経営者・総務人事担当者のみなさま、今夏の熱中症対策は万全でしょうか?熱中症は重症化しうるものですが、適切な処置を行うことで予防することができます。熱中症による重篤な災害を防ぐためにも、感染症対策と熱中症対策をバランスよく行って両立しましょう

1. 課題の背景:
コロナ禍において、感染拡大防止のためにマスクを着用する機会が増えるなど、多くの方がこれまでと異なる生活環境下で夏を過ごしていることかと思われます。特に今夏において注意が必要なポイントとしては、「作業中のマスク着用」と「換気による室温上昇」の二点となるでしょう。暑熱環境下でのマスク着用など、熱中症対策と感染対策のいずれを重視すべきか現場で判断に迷うことも少なくないことが予想されます。

2.企業でできる対策
○  屋外で人と2m以上が確保できる場合にはマスクを外す
〇  やむなくマスクを着用する場合は作業環境や作業方法を工夫する
○ 屋内では感染リスクと熱中症リスクを勘案し、個別に対策の優先度を判断する
○  換気をする場合はエアコンで温度設定をこまめに調整する

1)屋外で人と2m以上が確保できる場合にはマスクを外す
高温多湿の条件下でマスクを着用すると熱がこもりやすくなり、熱中症のリスクを高めてしまいます。このため、屋外で人と2m以上が確保できる場合にはマスクを外すようにしましょう。対人距離が確保できるよう、以下のような作業方法の工夫も必要です。
□屋外での作業はなるべく1人で行う
□複数名で行う場合は持ち場を分担する

2)屋外で人と2m以上が確保できずマスクを着用する場合は作業環境や作業方法を工夫する
 マスクを着用する場合は、熱中症のリスク低減のため、作業環境の改善や作業負荷の低減ができないか検討しましょう。
□パラソルや傘、カーテンなどにより日陰を作る
□扇風機や送風機、ミストファンなどにより冷却する
□暑い時間帯には強い負荷の作業は避ける、作業の負荷を下げる
□暑い時間帯の作業を避ける

□休憩を多めに取る、水分補給を積極的に行うよう啓発する
□マスクを口元シールド(マウスシールド)に代替する
(補足)フェイスシールド使用について
フェイスシールドもタイプによっては、熱がこもって熱中症のリスクや、視界が遮られることによる転倒のリスクにも繋がりえます。フェイスシールドは眼からの飛沫感染防止には有効ですが、その意味ではマスクと保護メガネで十分な場合が多いです。オーバーな保護具は他の労働災害のリスクをあげてしまうのでご注意ください。

3)屋内では感染リスクと熱中症リスクを勘案し、個別に対策の優先度を判断する
屋内でも、熱源や太陽光、輻射熱などにより40℃近くになり、かつ、対人距離が確保しにくい現場もあります(例:建設現場や製造現場、入浴介助など)。このような場合は、「地域の流行状況」「熱中症のリスク」「マスク以外の代替策」などを考慮しながら、感染対策と熱中症対策の優先度を決めていくことが重要です。
□職場での対人距離や地域の流行状況を勘案し、個別に対策の優先度を判断する。
□労使協働で、感染リスクと熱中症リスクについて話し合う。

4)換気をする場合はエアコンで温度設定をこまめに調整する
新型コロナウイルス感染症のリスク要因の一つである「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気と、熱中症予防を両立するため、以下の点に留意してください。
□十分な換気量を確保する ※
□窓を開けて換気することで室温が28℃を超える場合は、エアコンの設定温度を下げる
□室温が高い場合は、窓を開ける時間や窓を開ける回数を減らし、エアコンや扇風機を
上手に活用する
※1.第10回の「窓の開かないビルにおける換気改善」参照 関連情報6)
※2. 1 時間に 2 回程度の数分間全開にすることが推奨されています。
   なお、一般的なエアコンでは換気は行えない点にもご注意ください。

3.熱中症に係りやすい人について
高齢者、負荷の高い作業、厚着での作業(タイベックや防火服など)、持病のある人、肥満者、体調不良の人などは熱中症をより発症しやすいので、より積極的な管理が必要です。

4.関連情報リンク・参考情報:
1)「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html?fbclid=IwAR0EbHlpTsbf0Y5oew2aijjSzI-0eVmp3Nrh3TDZF_FySHgX4k77vBYwARQ
2)2020年5月20日 「新型コロナウイルス感染症予防のための夏期における室内環境対策」 建築衛生分野の研究者からの報告
https://www.niph.go.jp/soshiki/09seikatsu/arch/COVID19_summer.pdf?fbclid=IwAR22ZigGuiGRWo6UvcEOiItQZjCuvrLZ9fZoQQhFoV2ALnLrd1hBLLhdq6I

3)職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000617721.pdf

4)製造業向け 熱中症予防対策のためのリスクアセスメントマニュアル(中央労働災害防止協会)
https://www.jisha.or.jp/research/pdf/201503_02_All_1.pdf?fbclid=IwAR2stGa865-bnCNe8hN8dyZdfQoKZclJB_HVbprC8o17mhRTUCeuZsJ3vaU

5)新型インフルエンザに備えるための食品産業事業者の事業継続計画策定のポイント(農林水産省)
https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/pdf/pdf/090622point.pdf?fbclid=IwAR2KkMEUUhwkrz58LkAW7UdsalSBNfy9IB83KiG6IZY0lvNFi9YkARVVshk

6)第10回企業向け新型コロナウイルス対策情報配信「窓の開かないビルにおける換気改善」(産業医有志グループ)
http://www.oh-supports.com/img/corona/pdf/010.pdf

文責:五十嵐 侑(東北大学大学院 医学系研究科 産業医学分野 大学院生)

※本文章は、産業医有志グループ(今井・櫻木・田原・守田・五十嵐)で作成しました。厚生労働省新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班・和田耕治先生(国際医療福祉大学・公衆衛生学教授)のサポートも受けております。

動画を下記で配信しております。
〇第23回動画「PCR検査・抗体検査・抗原検査についての考え方」
https://youtu.be/4ZWs7ZDvCQY

当たり前のことが当たり前でなかった

今回のコロナ騒動で、今までは当たり前と思って過ごしていた日常が、実は当たり前でなかったということに気づかされました。コロナと異なるもっと大変なことがこれから起こる可能性もあるなかで、毎日平穏に過ごせることに対し感謝の気持ちを持って日常生活を送りたいと思う今日この頃です。

世界肝炎デー

こんにちは、保健師の倉です。
7月28日は世界(日本)肝炎デー
7月27日~8月2日は肝臓週間です。

正直、私もウイルス性肝炎には詳しくなく…
パッと浮かぶのは法律事務所のCMです。

肝炎とは肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊される病気です。
ウイルス性、アルコール性、非アルコール性とあり、
慢性的な炎症では自覚症状が現れにくく、やっかいです。

健康診断でAST、ALT、γGTPなどの
肝逸脱酵素の血液検査を行いますが、
ウイルス性肝炎にかかっているか、かかったことがあるかは
これらの検査では分かりません。

これまでに肝炎ウイルス検査を行ったことがない場合は
一度検査をすることをお勧めします。
(健診で肝逸脱酵素が基準値外高値の場合は特に)

杉様が特別参与の知って肝炎プロジェクト
https://www.kanen.org/
北九州市 肝炎ウイルス検査について
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/18300142.html

お問い合わせフォーム
TEL:093-742-2204 受付時間:9:00~18:00
電話をかける