面接およびカウンセリングの流れ

  • HOME
  • 面接およびカウンセリングの流れ

復職面談の流れ

1ヶ月以上長期に休業された方について、以下の手順で産業医が面談を行い、復職の可否および条件を判定します。

  1. 1ヶ月以上の休業者の発生
  2. 休業者より、会社へ復職する意思の表明
  3. 会社から休業者に、病状経過診断書の提出を依頼
  4. 主治医が病院経過診断書を記入・休業者から会社へ病状経過診断書を提出
  5. 事業場担当者より産業医に対象者の通知および復職面談の依頼
  6. 面談日時・場所の決定
  7. 復職面談(本人、上司、人事労務担当者、安全衛生担当者、産業医)
  8. 産業医が意見書を作成および事業場へ報告
ご契約クライアント様依頼フォーム
新規企業様お問い合わせフォーム

過重労働面談の流れ

過労死を防止するため、1ヶ月あたりの時間外労働が100時間あるいは、平均で80時間を超える労働者について、以下の手順で産業医が面談を行い、今後の就業の可否および就業条件を判定します。

  1. 長時間勤務者の発生および把握
  2. 事業場担当者様より、産業医に面談対象者の通知・面談の依頼
  3. 面談日時・場所の決定
  4. 過重労働面談の実施(本人および産業医)
  5. 当日または後日、産業医より面談記録の提出(含意見書)
ご契約クライアント様依頼フォーム
新規企業様お問い合わせフォーム

就業措置面談、メンタルヘルス相談、
カウンセリングの流れ

健診データの不良者、メンタル不調者については、早期の対応が望まれます。
以下の手順で、産業医、産業カウンセラーが面談対応いたします。

  1. 健診データ不良者(メンタル不調者)の発生
  2. 事業場担当者様より、産業医、保健師、産業カウンセラーに対象者の通知および面談の依頼
  3. 面談日時・場所の決定
  4. 面談の実施(本人および産業医、産業カウンセラー)
  5. 当日または後日、産業医より面談記録(意見書)の提出、産業カウンセラーはカウンセリング票の提出
ご契約クライアント様依頼フォーム
新規企業様お問い合わせフォーム
お問い合わせフォーム
TEL:093-742-2204 受付時間:9:00~18:00
電話をかける