服部産業医事務所の活動

テレワークに対応したメンタルヘルス対策

厚生労働科学研究班で取り組まれた「テレワークに対応したメンタルヘルス対策」に関する研究成果が、

成果北里大学公衆衛生学教室のHPに掲載されております。。

http://www.med.kitasato-u.ac.jp/~publichealth/telework/index.html

テレワーク導入企業におけるメンタルヘルス対策好事例集を中心に掲載がございます。

大小様々な企業における取り組みがまとめられておりますので、ご参照ください。

老人性乾皮症だったのか!

冬場の特に湯上りの後などに、体がとてもかゆくなる症状が次第にひどくなっていたのですが、某新聞に老人性乾皮症という言葉が載っているのを見て、納得できました。要するに年を取るとともに皮脂分泌が減り、皮膚が干からびていっているということ、重く受け止めています。トホホ・・

抗原抗体検査キット

こんにちは、倉です。
新型コロナウイルス感染症の
陽性者数、感染経路不明者数が
福岡県でも増えてきました。
ワクチン接種が円滑に進みますように…。

Instagramで
「旅行楽しんでます!」と
大人数で会食している写真とともに
「ちゃんと抗原検査キットで陰性でした」と
わざわざ写真を挙げている
著名人の方々を目にします。

「いや…それ何の安心も得られてないから…」と
そっと閉じるのですが…。

国が承認している抗原検査キットは
ドラッグストアやインターネットなど
私達が買える所に売っておりません。
抗体検査は
現在の感染の有無を表してくれません。

安心を買ったつもりの自己診断が
クラスター発生につながることも
あり得ますのでご注意ください。

消費者庁のお知らせもご参考に。
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/notice/efforts_003.html

タケダの健康診断

事務のタケダです。

皆様におかれましては
お健やかにお過ごしくださいますように。

ちなみに饅頭のお話はこちら↓

証拠隠滅

野菜不足

こんにちは。保健師の宮本です。

健康のために必要な野菜の量をご存知でしょうか。
厚生労働省が提唱している健康づくりの指標の『健康日本21』では、1日の野菜摂取の目標値が350gとされています。

どのくらいで350gとなるかというと、

小鉢(小皿)の野菜料理を1皿分(約70g )、大皿の野菜料理1人分を2皿分と数え、1日5皿分以上(70g×5皿=350g)と数えます。
(例)
青菜のお浸し(小鉢1つ) 1皿分
野菜サラダ(1皿 )      1皿分
カボチャの煮物(1鉢)        1皿分
野菜炒めなど大皿料理(1人前 ) 2皿分
野菜カレー(1人前 )           2皿分  (農林水産省HPより) 

野菜をとるコツは

★火を通して野菜のカサを減らす
★汁物を具だくさんにする
★外食の時にはサラダや野菜料理をプラス
★お弁当を選ぶときは野菜の多いもの、つけあわせの野菜も残さず食べる

などなど、工夫ができると思います。
コレステロールや血糖値が高い方の食事内容をお聞きすると、野菜の摂取が少ないことが多いです。
取り入れやすい方法で摂取量を増やしていきましょう。

ゴールデンウイーク休暇について

少し早めのお知らせとなりますが、今年のゴールデンウイーク休暇についてです。スタッフは4月29日から5月9日までの11連休とさせていただきます。産業医は暦通り4月30日と5月6日、7日は稼働いたしますので、よろしくお願いいたします。お家で思い存分昼寝をして、英気を養います。

子宮の日

4月9日は子宮の日です。
みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト」では
記事や動画やクイズでHPVについて学ぶことができます。
感染症やワクチン、がんなどについて
イラスト多めで 分かりやすくまとめられているので
楽しく読み進められると思います。
AYA世代の女性だけでなく
大人や男性にもぜひ読んで頂きたい内容です。

そもそも子宮って?という方は
みんパピ記事の執筆者である
重見大介医師のブログがお勧めです。

子宮について、どのくらい知ってる? 4月9日は「子宮の日」。
https://news.yahoo.co.jp/byline/shigemidaisuke/20210409-00231666/

HPVワクチンについても
日本の接種率は先進国と比べて遅れています。
9価ワクチンや男性への接種についても
無料でできるにようになると良いなと願っています。

倉さんとわたし Part4

事務のタケダです。

ある朝、倉さんに見つめられていたのです。

見つめられると照れるとです。

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信【44】

企業向け新型コロナウイルス対策情報配信 2021年4月5日付
【44】 新型コロナウイルス後遺症について

企業の経営者・担当者のみなさま、新型コロナウイルスに感染した後に、患者によっては急性期の症状が遷延する(いわゆる後遺症が残る)ことが分かってきております。今後、後遺症に悩む従業員が職場で発生する可能性もありますので、まずは現時点で分かっていることを整理しておきましょう。

1. 課題の背景:
新型コロナウイルスに感染した後、ほとんどの人は通常の健康状態に戻る一方で、回復した後も数週〜数ヶ月間様々な症状が続く人がいます。症状の程度にも個人差があり、中には従前通りの業務に就くことが困難なケースもあるかもしれません。また、どこに相談したらよいか分からず、問題を独りで抱え込んでしまっていることもあるかもしれません。
残念ながら、現時点では後遺症の原因は明確に分かっておらず、確立された治療法もないのが現状です。それ故に、職場での理解や支援が後遺症に悩む従業員にとって大きな助けになることもあります。今回は、後遺症について現時点で分かっていること、職場で実施可能と思われる支援につき説明します。

2. 企業でできる対策:
〇 後遺症について理解する
○ 後遺症の相談窓口を把握しておく
○ 後遺症に悩む従業員への配慮を検討する

2-1. 後遺症について理解する
□ 感染者の3人に1人に何らかの症状が後遺症としてみられる可能性がある
□ 症状によっては数カ月も遷延することがある
□ 軽症者、若年層においても後遺症が問題となる場合がある
□ できるだけ感染しないことが最大の後遺症予防策となる
後遺症として頻度が高い症状には、倦怠感、息苦しさ、胸の痛みや違和感、咳などがあげられます。それぞれの頻度や持続期間は資料1をご参照ください。症状によって持続期間にばらつきがありますが、倦怠感など6カ月も遷延する場合も実際にあるようです。また、新型コロナに感染した人の3人に1人が、少なくとも1つ以上の症状を後遺症として経験していることが国内外の報告で分かっており、後遺症も決して稀なことではないようです。
入院を要する重症の新型コロナ患者で後遺症がみられやすい傾向にありますが、入院していない軽症の人でも症状が続いたり、後になって症状が出てきたりすることがあります。また、20~30代の若い層も後遺症を有する割合は決して低くないことが国立国際医療研究センターの調査からも分かっており、若いから感染しても大丈夫とは言えなさそうです。現時点では、できるだけ感染しないように基本の感染予防策を続けていくことが最大の後遺症予防策となります。

2-2. 後遺症の相談窓口を把握しておく
□ 地域の後遺症専門外来、行政の相談窓口等の情報を把握しておく
前述のように、現時点では後遺症の原因は明確に分かっておらず、それぞれの症状に応じた対症療法が中心となります。医療機関で後遺症専門外来を設置しているところも増えてきました。また東京都では都立病院の患者支援センターに「コロナ後遺症相談窓口」を設置し、新型コロナウイルス感染症の治療や療養終了後も、呼吸の苦しさや味覚・嗅覚の異常などの症状がある方からの受診や医療に関する相談への対応を開始しているようです(資料3)。このような地域の相談窓口や専門医療機関の情報を職場で把握しておくことで、後遺症に悩む従業員が出た場合に専門医療機関につなげられる可能性が出てきます。

2-3. 後遺症に悩む従業員への配慮を検討する
□ 従業員本人の意向を踏まえながら、復職時期や復職時の就労条件を個別に調整する
□ 後遺症が長期間にわたり遷延する際の労務管理上の取り扱いをよく検討しておく
感染した従業員は、通常ですと「発症日から 10 日間を経過し、かつ症状軽快後 72 時間経過した場合」に職場復帰が可能となります。これは他の人への感染拡大防止の観点からの目安となりますが、10日間を過ぎても症状が残る場合に復職をさせてよいのか、職場でも悩ましいところかと思います。このような場合、保健所や(産業医契約のある事業場では)産業医等に相談することも一つの方法です。
また、感染した従業員本人が復職への不安を感じている場合などは、本人の意向を踏まえながら、職場復帰の時期や職場復帰時の就労条件などを個別に調整していくことも重要となります。例えば、倦怠感が著しい場合など、時短勤務や在宅勤務を一定期間行った上で、徐々に通常勤務に戻していくなどの対応が考えられます。
ただし、症状によっては数カ月に渡って遷延する可能性があります。この間、漫然と配慮が長期化する状況も好ましくなく、後遺症が長期化する際の労務管理上の取り扱いについてもよく検討しておく必要があります。例えば、配慮継続の必要性につき、定期的に主治医や産業医等の意見を聴くことなどがあげられます。また、メンタルヘルス不調やがんなど、すっきりと治らない病気の職場復帰支援の仕組みなども参考にできるかと思います(資料4、5)。これらの仕組みがない職場では、これを機に疾病からの職場復帰支援の仕組みを整備することをお勧めします。

3.. 関連情報リンク:
1) 忽那賢志. 新型コロナの後遺症Q&A どんな症状がどれくらい続くのか(2021年1月)
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210131-00220218/
2) iCDC(東京都公式). 後遺症の恐怖―コロナのその後について、大曲先生にお聞きしました。
https://note.com/tokyo_icdc/n/n18515b0f8541
3) 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部. 都立病院患者支援センターへの「コロナ後遺症相談窓口」の設置についてhttps://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/03/29/43.html
4) 厚生労働省. 心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/101004-1.pdf
5) 厚生労働省. 事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン
https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000760961.pdf

文責:今井 鉄平(OHサポート株式会社)

動画を下記で配信しております。
〇第42回動画「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用 (その2)」
https://www.youtube.com/watch?v=wb_6EbY0IPA

新任の産業医の先生たちのオリエンテーションを行いました

この4月より新たに産業医の仕事をお願いすることとなった5人の非常勤の先生方に対して、先週末オリエンテーションを行いました。産業医大の新進気鋭の若い先生たちばかりですが、即戦力として期待するところ大です。すでにオリエンテーションを終えている先生も含め、この度8人の産業医の先生方が仕事のパートナーとなりましたので、契約先におかれましては、今後ともよろしくお願いいたします。 

お問い合わせフォーム
TEL:093-742-2204 受付時間:9:00~18:00
電話をかける